【黄ばみ除去】鳳駅近くで「歯のクリーニング・歯石取り」を行っている歯医者さん

「歯石を取って口内を清潔にしたい」「口臭が気になる」「毎日歯磨きしてるのに虫歯になりやすい」「しっかり虫歯や歯周病を予防したいけど、どうすればいいんだろう?」
口内トラブルの予防には、毎日の歯磨きはもちろん欠かせませんが、歯科医院で定期的にクリーニングを受けることも同じくらい大切です。

今回は、鳳駅近くで『歯のクリーニング・歯石取り』を行っている歯科医院を紹介いたします。
普段の歯磨きでは落としきれない汚れや歯石を落とすクリーニングや定期的な歯科検診に対応しています。
毎日の歯磨きと歯科医院での定期的なクリーニングの両立で健康な口内を目指しましょう!

なかには夜遅くまでや土曜・日曜・祝日の診療に対応している歯科医院、個室の診療室を設けている歯科医院、キッズスペースのある歯科医院もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

※各掲載歯科医院の情報は2022年7月時点のものです。

※PMTCやジェットクリーニングは自由診療となります。

リスク・副作用もありますのでご確認ください。

医療法人たんぽぽ会 おおとり歯科

医療法人たんぽぽ会 おおとり歯科

『医療法人たんぽぽ会 おおとり歯科』は、鳳駅から徒歩1分の場所にあります。

平日はもちろん、土曜・日曜・祝日も朝9時から夜22時まで診療を行っていますので、忙しくてなかなか時間が取れない方も通院スケジュールを立てやすいかと思います。
虫歯や歯周病などの口内トラブルの治療のほか、予防歯科、歯のクリーニング、小児歯科、入れ歯・義歯、訪問歯科診療などに対応している、お子さんから高齢の方まで幅広く対応している歯科医院です。
子育て中の方やお子さんと一緒に通院したい方も通いやすいように、キッズスペースを設けたりベビーカーのまま入れる診療室を用意するなどの配慮しています。

診療時間・休診日

診療受付時間
09:00~22:00
  • ネット予約
  • 土日祝診療
  • 駐車場あり
  • キッズスペース
  • 院内処方
  • 20時以降診療
  • 急患対応

予約はこちらから

電話予約はこちら
電話予約はこちら
※電話予約は営業時間内にお願いします。

0066-9802-326599

営業時間・診療時間内にお電話ください。

  • ※お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。
  • ※携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)により、受付に関する通知を送信する事があります。

アクセス

おすすめポイント

定期的なクリーニングを

口内を清潔な状態で保つためには、毎日の歯磨きと歯科医院での定期的なケアの両立が大切です。
クリーニングとブラッシングの指導を併せて行い、患者さんの口内を健康な状態のまま維持できるようにサポートを行っています。
また、虫歯などの治療の際は治療と並行して、メンテナンスを行い、口内を清潔な状態に維持できるようにサポートしています。

基本情報


ネット予約はこちら

松本歯科医院

松本歯科医院

『松本歯科医院』は、鳳駅から徒歩1分の場所にあります。

休診日の水曜日以外の平日だけでなく、土曜日も夜19時まで診療を行っていますので、平日は用事や仕事などで忙しい方も受診しやすいのではないでしょうか。
虫歯や歯周病などの口内トラブルの治療をはじめ、歯のクリーニングを含めた予防歯科や定期検診、小児歯科、矯正歯科、入れ歯・義歯、インプラント、ホワイトニングなど、お子さんから大人の方、高齢の方まで幅広い診療に対応している歯科医院です。
治療前の事前説明では、患者さんが理解・納得のうえで治療やメンテナンスにうつれるように、なぜ虫歯や歯周病になるのかからしっかりと説明をしてくれます。

診療時間・休診日

診療受付時間
09:30~13:00
15:00~19:00
  • ネット予約
  • 土曜診療
  • キッズスペース
  • 急患対応

予約はこちらから

電話予約はこちら
電話予約はこちら
※電話予約は営業時間内にお願いします。

0066-9802-134940

営業時間・診療時間内にお電話ください。

  • ※お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。
  • ※携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)により、受付に関する通知を送信する事があります。

アクセス

おすすめポイント

歯周病などの口内トラブル予防に!

歯を失う主な原因は「歯周病」だと言われています。歯垢や歯石を放置していることで歯周病になりやすいため、定期的に歯科医院で歯垢や歯石をクリーニングしてもらうようにしましょう!
「毎日歯磨きしてれば大丈夫じゃないのかな?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、歯垢や歯石は歯磨きだけでは落とすことができません。
ぜひ定期的に歯科医院で除去してもらい、歯周病だけでなく虫歯や口臭などの口内トラブルも予防しましょう!
こちらの歯科医院では、3か月ごとの定期検診を推奨しています。

通院する患者さんへの配慮

松本歯科医院 キッズスペース

口内の悩みはデリケートなものが多いため、まわりの患者さんに聞かれたくないという方も多いと思います。こちらの歯科医院では、個室の診療室を用意し、患者さんのプライバシーに配慮しています。
また、お子さん連れの方も気兼ねなく通えるように院内にキッズルームを用意するなど、通院する患者さんへさまざまな配慮をしている歯科医院です。

基本情報


ネット予約はこちら

まとめ

今回は、鳳駅近くで『歯のクリーニング・歯石取り』を行っている歯科医院を紹介いたしました。
普段の歯磨きでは落としきれない汚れや歯石を落とすクリーニングや定期的な歯科検診に対応しています。
なかには夜遅くまでや土曜・日曜・祝日の診療に対応している歯科医院、個室の診療室を設けている歯科医院、キッズスペースのある歯科医院もありますので、参考にしてみてください。

医療法人たんぽぽ会 おおとり歯科

鳳駅出口徒歩1分

電話予約はこちら

0066-9802-326599

電話予約はこちら

松本歯科医院

鳳駅東口徒歩1分

電話予約はこちら

0066-9802-134940

電話予約はこちら

店舗掲載依頼はこちらから

リスク・副作用

予防歯科の副作用とリスク

定期検診や予防処置を受けるための時間と費用がかかります。
予防処置は、原則保険適用ではないため自由診療となります。 予防が目的となるため、継続して行う必要があり、終わりがありません。
監修医情報  菊地由利佳先生
【プロフィール】
日本歯科大学新潟生命歯学部卒業
新潟大学医歯学総合病院にて研修
都内歯科医院にて勤務

クリーニングの副作用とリスク

・歯のホワイトニングとは違い、歯のクリーニングは、歯を白くすることが主な目的ではありません。歯を白くすることを希望している方には適さない場合があります。
・自費診療の歯のクリーニングは、保険診療よりも1 度の施術費用が比較的高く、施術時間も長くかかる可能性があります。
・歯のクリーニングは、歯科医院によって「クリーニング」と書いているところと「PMTC」と書いているところがあります。PMTCは専用の機器が用いられるのに対し、クリーニングは歯科医院によっては歯石を落とすスケーリングの場合や、PMTCの場合もあるので、事前に内容を確認されるとよいでしょう。
監修医情報  医療法人社団日坂会 理事長 日坂充宏先生
【プロフィール】
日本大学歯学部卒業
日本大学歯学部口腔外科第2講座大学院卒業
歯学博士(口腔外科学)
日本大学歯学部非常勤講師 社会福祉法人富士白苑理事

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)の副作用とリスク

クリーニング中に、歯茎の腫れや歯肉炎のある方の場合、クリーニング器具があたると、痛み・出血をともなう場合があります。多くの場合、クリーニング後には出血はおさまります。
クリーニングを行っても、その後一生着色汚れ(ステイン)や歯垢・歯石がつかないわけではありません。クリーニング後にも、日々の生活で再付着します。また、歯科のクリーニングだけでは、虫歯や歯周病の予防にはなりません。
毎日のブラッシングなどは継続して行う必要があります。 備考 自宅で、歯磨きをしていても、落とすことの出来ない汚れや、歯石の元となる歯垢・バイオフィルムを歯科で専門の機器・技術によって除去する技術です。
クリーニング後にフッ素塗布を行えば、より虫歯予防に効果的です。
監修医情報 菊地由利佳先生
【プロフィール】
日本歯科大学新潟生命歯学部卒業
新潟大学医歯学総合病院にて研修
都内歯科医院にて勤務

歯石除去の副作用とリスク

歯石が強固に付着している場合、歯茎に炎症を起こしている場合、歯周病が進行している場合などは、歯石除去を受けると一時的に痛みを感じたり、歯がしみる感覚(知覚過敏)を感じたり、出血することがあります。この症状は通常、一時的で長くても数日で落ち着いてなくなります。
また、歯石除去に使われる機器は、治療中、高音が鳴り響きます。機器は歯石が多い人、広範囲に歯石が付いている人に使われるのですが、高音が苦手な人は音を我慢する必要があります。 備考 歯石とは、歯垢が石のように固くなって歯と歯の間や歯の表面、歯茎と歯の隙間などにこびりついたものです。唾液腺開口部の近くにある歯に特に着きやすく、具体的には「下の前歯の裏側」や「上の奥歯の外側」によく見られます。 歯石になると自宅でのブラッシングで取ることはできません。
なお、歯垢とは口腔内に常在している細菌の塊で歯石の前段階です。歯垢の段階であれば歯ブラシで簡単に取り除くことができますが、沈着したまま時間が経過すると歯石になって歯周病を進行させてしまいます。歯科での歯石除去は、専門の機器を使用し、歯石を取り除くことができます。
歯石を取り除けば、歯周病の治療となり歯のぐらつき、歯茎の出血、口臭などが改善できます。
監修医情報  菊地由利佳先生
【プロフィール】
日本歯科大学新潟生命歯学部卒業
新潟大学医歯学総合病院にて研修 都内歯科医院にて勤務

エアフロー(ジェットクリーニング)の副作用とリスク

ナトリウムパウダーによるお口の不快感を感じることがあります。 パウダーを吹き付ける圧により、稀に一時的な知覚過敏を発症する場合があります。また、歯茎の腫れや歯肉炎のある方は、パウダーがあたることにより、痛みや出血を伴うことがあります。多くの場合、すぐに出血はおさまり、数日で治癒します。 ケースによっては、完全に汚れを落としきれない場合があります。
また、エアフローは外来性の着色は落としますが、本来の歯の色自体は白くできません。歯自体を白くしたい場合にはホワイトニングが有効です。 着色汚れはエアフロー後に再付着することもあります。継続的効果を得るには、定期的な施術が必要です。
エアフローは、着色を落とす審美目的として行われるため、健康保険の適用外となり自由診療となります。 妊娠中、放射線治療中、呼吸器疾患、ナトリウム摂取制限が必要な人など、安全性を考慮し、エアフローを受けられない人もいます。
備考
エアフローは、歯面清掃を行う機器です。細かなパウダー粒子をジェット噴射で歯に吹き付け、歯にこびりついた汚れを落とすことができます。 歯科で主に歯の着色やタバコのヤニ除去の用途として使われていますが、歯周ポケット内の歯周病の細菌除去にも効果があります。
監修医情報  菊地由利佳先生
【プロフィール】
日本歯科大学新潟生命歯学部卒業
新潟大学医歯学総合病院にて研修
都内歯科医院にて勤務

虫歯菌検査の副作用とリスク

副作用、リスクは特にありません。虫歯菌検査は、唾液を採取するだけです。棒状のスティックで唾液を取るだけなので痛みもありません。ただし、唾液検査前1時間は、飲食や喫煙、歯磨きはできません。殺菌剤が配合されているマウスウォッシュ、洗口液なども、検査前12時間は使用できません。 運動も唾液の分泌量に影響があるので検査前は行えません。
また検査1ヶ月以内に抗生物質を使用している場合も正確な結果が出ないことがあるので時期を延ばす場合もあります。健康保険の適用外となり自由診療となります。
備考
ご自身の唾液の量、性質、虫歯の原因菌の量を知り、虫歯予防とセルフケア強化を目的とした検査です。
[虫歯菌検査で確認できる内容] (例)
・虫歯菌の数が少ないのか多いのか ・酸性度(酸性になる程歯が溶けやすい)
・緩衝能・白血球・タンパク質・口の中の清潔度 また、よく噛んでいるか、甘いものを摂る頻度なども同時に確認します。
監修医情報  菊地由利佳先生
【プロフィール】
日本歯科大学新潟生命歯学部卒業
新潟大学医歯学総合病院にて研修
都内歯科医院にて勤務

口臭検査の副作用とリスク

副作用、リスクは特にありませんが、検査は短時間で終わるものから複合的なものまで内容は医院によって異なります。その後、口臭改善への対応方法の説明、消臭ケア用品の紹介、生活習慣指導などが行われます。検査は1回ではなく、その後、何度か通院が必要となる場合があります。
健康保険の適用外となり自由診療となります。
備考
口臭は、体調や病気と関わりがあることも多く、口臭で悩んでいる場合はその関連性も合わせて検査が必要です。また、よく食べる食べ物、ブラッシング不足、喫煙や飲酒などが影響する場合もあるので、原因がわかれば口臭軽減に向けて指導が行われます。
監修医情報  菊地由利佳先生
【プロフィール】
日本歯科大学新潟生命歯学部卒業
新潟大学医歯学総合病院にて研修
都内歯科医院にて勤務

フッ素塗布の副作用とリスク

フッ素の過剰摂取は、急性中毒(一度に大量に摂取した場合)、 慢性中毒(急性中毒は起こさないが、頻回に長期間摂取した)などの中毒症状を起こします。ただし、歯科のフッ素塗布で過剰摂取になる恐れは極めて低いです。
また、歯の形成期に過度にフッ素を摂取すると歯のフッ素症(斑状歯)が発生する場合があります。 (過剰摂取)推定中毒量は、5歳児(体重18Kg)が週5回法のフッ化物洗口液(0.05%フッ化ナトリウム溶液)を40人分一度に飲んだ場合に到達(厚生労働省 フッ化物の急性中毒量 e-ヘルスネット)
また、フッ素を塗った場合でも、ブラッシング不足や磨き残しがあれば虫歯はできてしまいます。フッ素は虫歯ができにくくなるだけで、通常の歯ブラシ、歯間掃除などは必要です。
備考 フッ素を塗布して、歯をコーティングし虫歯に強い歯にする予防歯科処置です。もともとフッ素は体内に存在している物質の一つなので安心して使用することが可能です。特に、塗布する時期に制限がないため、生えたての乳歯にも塗布することが可能です。
監修医情報  菊地由利佳先生
【プロフィール】
日本歯科大学新潟生命歯学部卒業
新潟大学医歯学総合病院にて研修
都内歯科医院にて勤務

オフィス・ホーム・デュアルホワイトニングの副作用とリスク

・歯の表面が荒れやすいホワイトニング剤の主な成分は、オフィスホワイトニングの場合、過酸化水素という物質です。このホワイトニング剤を使用すると、普段は歯の表面にある保護膜を溶かしてしまうため、歯の表面が荒れやすくなります。一般的に24~48時間程度で保護膜はもとに戻りますが、その間は特に注意が必要です。
・ホワイトニング剤の影響で知覚過敏がおこるケースがあります。薬剤が歯の神経に強い刺激を与えてしまうため、神経が敏感になりやすいのです。オフィスホワイトニングで使用する薬剤はホームホワイトニングのものより濃度が高いため、より知覚過敏になりやすい傾向があります。
・歯科で行うホワイトニングでも1回の施術で思ったような白さに仕上がらないことがあります。また、個人の歯の特徴により色ムラが出ることがあります。歯の厚みの違いやホワイトニングの作用が出にくい部分があることなどにより、想定した白さや均一な白さにならないことがあるのです。これは、常に起こるということではなく、個人差が大きいため、実際のところは施術をしてみないと分からないと言わざるを得ません。しかし、ホワイトニングを続けていくことで目立たなくなることが多いです。
・ホワイトニング後は、徐々に色戻りをおこす場合がほとんどです。
・白さを維持するためにはメンテナンスが必要になります。歯科医師によって、違いがありますので事前にご確認ください。
・ホワイトニングは、歯の表面が荒れる、知覚過敏になる可能性があります。
・ホワイトニング中は、お茶、コーヒー、カレー、ケチャップなど避けたほうがいい飲み物、食事があります。また、ホワイトニングが終わってもこれらの飲み物、食事を避けたほうが白さは持続します。
監修医情報  医療法人社団日坂会 理事長 日坂充宏先生
【プロフィール】
日本大学歯学部卒業
日本大学歯学部口腔外科第2講座大学院卒業
歯学博士(口腔外科学)
日本大学歯学部非常勤講師
社会福祉法人富士白苑理事

マチしる編集部3号

関連記事